k a w a j i r i s e i t o u j o



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
大谷の石と町

今年の2月、かなり久しぶりに大谷を訪れたのですが、大谷石という自然の豊かさ、圧巻の景色と、そこに関わる人の関わり、仕事や暮らしぶりを見て感動しました。

世界的に見てもなかなかこんな美しい石の景色はないでしょう。

そして、それをこんなにも人の手を入れて利用してきた場所もなかなか無いのではと思います。

 

人と自然との関わり。もの作りをする人は特に、日々自然の素材と向き合い、そこにどう手を加えていくか良く考えていますので、この町に来てピンと来るものが少なからずあるのではと思います。

このような場所で器を扱って頂きご縁ができたこと、改めて嬉しく思いました。また、rockside marketのお店がこの場の魅力を見出し、発信したことで人が集まって来ている事がとても素晴らしいです。新たにパン屋さんもでき、これからますます活気が出ていく事でしょう。

思えば、益子の実家の壁や工房、土留めにはほとんど大谷石で作ってありますし、学生時代に在籍した自由学園も大谷石をふんだんに使っていました。沖縄に行った3年以外、大谷石は生まれてからずっと身近にあったものでした。

 

過去を思い、今の大谷を見てからの、これから。

大谷石を使って何かできないだろうか。

石を釉薬や土に混ぜたテストピース4月の窯で焼いたので、窯から出すのが楽しみです。まだまだテスト段階なのでどうなるか分かりませんが、何か形になったら嬉しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Days comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>