k a w a j i r i s e i t o u j o



About

 

 


栃木県益子町の、眺めの良い丘の上にある小さな製陶所です。



地元の土を使い、薪の窯で焼く器。

豊かな土が採れるこの土地で、自然と関わり合いながら制作し、その恵みをお届けすることができたらと思い器を作っています。

焼成の燃料に使う薪は、再生燃料である廃材を100%使用。自然環境にもやさしい器です。



こだわり

■原料はできるだけ地元のものを使い、粘土は100%益子産を使用。
また、釉薬等に含まれる事もある、人体に影響のある金属の使用は避けています。 


■器は、全て伝統的な「登り窯」で焼成しています。50年前までは、登り窯などの薪窯焼成が一般的でしたが、電気やガス窯が普及し、今では焼いているのが珍しいくらいに減ってしまいました。登り窯を焼き続ける事で、伝統文化の継承に繋がります。
また、薪窯ならではの変化に富んだ器の表情や、焦げ色「火色」も魅力です。

窯焚きの見学についてはこちら→

 


■焼成の燃料に使う薪は、石油でも電気でもない持続可能エネルギーです。
さらに、薪は建物を壊した時に出る柱などの木材(廃材)を使用。100%再生燃料で器を焼いています。 



 

 


***器のご使用について***
 
・益子産の粘土は砂分が多い特質があり、土を露出して焼成した部分「焼き締め」は少しざらっとした感触です。 また、使っていると革製品のように色や質感が変わってきますので、そのような変化も楽しめます。

 

・器は全て伝統的な登り窯で焼成しています。
薪の火に当たった焼き締めの器は、「火色」という焦げ色が付きます。1つ1つ違う火の表情を楽しんで頂けたらと思います。

 

・レンジ使用可。

 

・使い始める前に、一度お米の磨ぎ汁等で器を煮て頂くと、シミ等のトラブルになりにくくなります。

 

・陶器は吸水性があります。使用後は良く乾燥させてご使用ください。その他、陶器の性質をご理解頂いた上でのご購入をよろしくお願い致します。 ご不明な点あればお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 

 

About comments(0) -
| 1/1 |